ALFALIAトップページ ⇒ 短編RPG「アルファリア」

短編RPG『アルファリア』 第1回 WOLF RPGエディターコンテスト応募作品(12位)
短編RPG『アルファリア』
↓【ページ内移動】↓ アルファリアとは | ここがオススメ | 攻略情報 | スクリーンショット | コンテストでの評価
アルファリアとは
ゲーム作り初心者の私、さくらば結城がフリーソフト「WOLF RPGエディター(以下ウディタ)」を利用して作成したオリジナルの短編RPGです。基本システムはウディタに搭載されているものを利用しましたが、音楽や敵キャラクターは自作しています(マップパーツはフィールドのみ自作です)。ファミコン時代のスタンダードRPGをイメージして作りました。作っている時のキーワードは「昔懐かしさ」「テンポの良い戦闘」「サクサク進める短編」でした。どれだけゲームに活かせているか分かりませんが、気になった方はぜひやってみてください。総プレイ時間はおよそ2時間弱です。
主人公
ダウンロード
LODA.JPのページに移動しますので、『DOWNLOAD』ボタンを押してダウンロードして下さい
ベクターのDLページ
約7.48MB
zip圧縮していますので解凍してから、『アルファリア』フォルダの中の『Game.exe』を実行して下さい。ゲームが始まります。全て消す時は、フォルダ毎全て削除して下さい。

キャラクター
主人公。剣術に長けています!
主人公
世継ぎの王子。成人したばかりの13歳。成人の証に魔物の残党退治に行くことを決意します。剣術に長けていて、敵に素早く2回攻撃することができます。(名前は冒険開始時に決めることになります)
プックル。主人公の双子の弟。剣術・呪文の両方を器用に使います。
プックル
主人公の双子の弟。小さい頃に城を出て北にある街で剣術の腕を磨いています。性格は温厚で、主人公を『兄上』と呼んで慕っています。戦闘では、呪文と剣術を器用に使いこなします。
チロル。エルフの王女。呪文に長けています。
チロル
伝説のエルフ族の王女。年齢不詳。少々つかみどころのない性格ですが、プックルに出会った途端に一目惚れしてしまう可愛らしい一面もあります。戦闘では、強力な呪文が使えます。
プックル
インフォメーション

ストーリー
あるとき、世界に突如として魔物の軍団が現れました。しかし、一人の勇敢な若者によって魔物は退治されました。その勇敢な若者はやがて王となりました。人々は優しい王の元で静かな日々を過ごしたということです。

戦後15年の時が過ぎました。王の息子は13歳となり、成人の日を迎えました。王子は成人の証として、魔物の残党退治に行くことを決意します。あなたは王子となり、世界を巡る冒険の旅に出かけるのです! 主人公
王子

チロル
ここがオススメ
サクサク進むストーリー スピーディな戦闘 昔懐かしさ漂う音楽
サクサク進む短編 スピーディな戦闘
◆平和な日々(街&フィールド)
 12秒  0.2MB
◆失われた古代文明(古代都市)
 19秒  0.3MB
mp3形式です
総プレイ時間はおよそ2時間弱。行き先が分からなくなったら「相談」コマンドで仲間に相談出来ます。基本的にはサクサク進めますが、ちょっとややこしいダンジョンや謎解きも、なかにはあります。 主人公は2回こうげき!ある程度強くなると、一度敵を選んだ後は決定キー連打で戦闘が終わります。また、仲間の覚える呪文は全体を対象としたものが多いので、雑魚を一気に一掃!ということも出来ます。 音楽は全て自作です。ピアノを習った程度ですので、作曲に関しての知識はありません。ですが、ぜひ自分で作りたいと思い頑張りました。上のリンクから試聴できますが、いかがでしょうか?ピコピコ音が心地よく聴こえればいいなと思います。

アルス
攻略情報
攻略フローチャート
(冒険に詰まったとき等にご覧下さい)

プックル
スクリーンショット

タイトル画面


イベントシーン。章と章の間に入ります。


主人公名前入力画面。キーボードから入力できます。


武器屋・道具屋。シンプルに値段が高いものが強いです。


相談コマンド。次の行き先を教えてくれます。


戦闘。ウディタの機能をそのまま使いました。主人公が2回攻撃であることや、全体対象の魔法が多い事が特徴です。


通常会話。全ての人物・動物に名前があります。物語が進んでから会うと、話が変わっている人もいます。


討伐数ボーナス。ダンジョンでの連戦が苦痛にならないようにと考えました。


優しいストーリー。素人のシナリオですので伝わりにくいとは思いますが、優しさをテーマとした物語を考えました。


チロル
コンテストでの評価(内容はコンテスト結果発表ページと同じです)
順位:12位/29作品中 1位票(5ポイント) 次点票(3ポイント) 好印象(1ポイント) 合計得点【得点率】
審査員投票(計71点) - - - 0【0%】
一般投票(計1937点) 10 12 25 111【5.7%】
合計得点率 【5.7%】

【審査員コメント】 ○オリジナルFM音源、王道でまとまっている
音楽の大切さを改めて感じた作品です。独特でほかにはないレトロな雰囲気を出していました。ストーリー自体も王道ながら、SFとファンタジーを上手く組み合わせ、短編としてしっかりとよくまとまっていました。クライマックスでの暗号入力シーンは、何かドキドキさせられました(笑)ウディタの王道RPGとしてのお手本のような丁寧に作られた作品でした!
【一般投票コメント】
1位票(5ポイント)に寄せられたコメント
完成度が高く、ストレスなく楽しめました。作者の次回作があればぜひ遊びたいと思います。
シンプルで楽しい戦闘。明るく楽しいキャラクター。違和感のないシナリオ。文句ナシ。
ストーリーよし。テンポよし。何より音楽よし。戦闘もサクサク進むし、後半はごほうびももらえちゃったりで、珍しく戦闘が楽しいと思えるRPGでした。アイテム取得したときとかのメッセージも丁寧語で、プレイしたあとはほっこり温かい気分になれました。
世界観、キャラの魅力、ゲームバランス、どれをとっても私的にはピカイチの素晴らしい作品でした。ほのぼした雰囲気の物語ながら思わずほろりとする要素もあり、大満足の逸品でした。
ストーリーがしっかりしていて、もっと遊びたいと思えるようなところがよかったと思います。さくさく進んで、戦闘は任意、短時間でクリアできる、そういうところが飽きずに続けられるゲームの秘訣なのかな、と思いました。
懐かしい雰囲気が良かったです。ストレスなくサクサクプレイできたのも良かったです。
安定した作風。
ラストダンジョンのシステム、ですかね。面倒くさいと思われがちな戦闘を、随時褒美をつけることによりやる気を出させるあたり。全体的な雰囲気も統一されており、昔のゲームをやってるようで楽しかったです。でも、メニュー画面で生首はちょっと……
遊び易さが良かった。物語のテンポ、バランス、キャラクター、とても良い。やっぱりこっちを上位に投票した方が良いかな。
次点票(3ポイント)に寄せられたコメント
今のフリーゲームにはない昔のフリーゲームのよさを感じた。
最後、女神が反応しなくなるところ。最初から最後までしっかりとお話ができてるなーと思いました。
・短い時間で濃い密度のストーリー・レトロな雰囲気や音楽
話が好きだった。
短編のRPGでしたが結構印象に残りました。いつもながらの理由で冒険に出る主人公、個性豊かな村人。どこか忘れてた様な暖かさを感じさせるRPGでした、特にストーリーは神秘的で謎めいた感じで強く印象に残ったかな、と思います。
音楽がよく、全体のバランスも整っていたところです。 細かいところにまで目が配られていて、他の作品と比較して全体にきれいな印象でした。
好印象(1ポイント)に寄せられたコメント
村人のセリフなど細かい所まで良く出来ていた。
自作BGMとストーリーの雰囲気がとてもよかった
感想についてはBBSに記載したとおりですが、ここだけの話、今回デフォルトシステムで点を入れたのは、こちらの作品が唯一です。
ファンタジーの底にSF設定ってロマンですね。とにかく自作チップや音楽が統一感があってよかった。町の人たちのセリフが丁寧に作ってあるのも素晴らしい。
自作した音楽など雰囲気が良かったです。やんわりレトロですね。
古き良きRPGと言った感じで面白かったです。音楽も良い!
戦闘は簡単すぎる気もしましたが、作成時のキーワードが伝わってくる作品でした。
良くも悪くもオーソドックスだった。変に奇を衒ったところがなく安心してプレイできた半面、システム面など他の作品と比べるとどうし ても物足りなさを感じる部分はあった。途中、戦闘を積極的に行わせるように討伐数に応じたボーナスがあったりと、戦闘面でストレスを 感じさせない工夫があって良かった。そのおかげでストーリーを余す所なく味わえた気がする。章立てのストーリーはメリハリがついてい て良かった。呪文は回復以外ほとんど使わずに事足りてしまった、というのが今後改善する余地のある部分だと感じた。そのおかげで戦闘 がサクサク進んだというのがあるので、短所であると同時に長所でもあり難しいとは思うが・・・。良い面は数多くあるが、良作品が多数あった今回のウディコンで2位以内に入るには厳しいものがあると思う。
後味良く、スッキリ終われているところが良かった(話がしっかり完結出来ているという意味で)。

その他・寄せられた問題点・改善点等
少し次にどこに行くのかがわかりにくい時がある
 → 【作者】テストプレイ時にも言われていて相談コマンドを追加しましたが、それでも迷うときが確かにありますね
敵シンボルがプレイヤー接触してこない!
 → 【作者】原因が分かりました!ご報告ありがとうございます
仲間2人の歩行グラフィックの頭が歩くたび歪んでしまう
 → 【作者】私のドットを描く力不足です・・・
接触で会話出来るが、方向キーでメッセージ送りができれば片手プレイも可能だった
 → 【作者】これは便利ですね。勉強します
標的(ターゲッティング)をしてくる敵がいるが、防御コマンドがないため対処できない
 → 【作者】確かに防御コマンドが必要ですね!
ドラクエとガンダムのネタが多い
 → 【作者】気付く人が気付けばくらいに思っていましたが、ちょっと入れすぎたかなぁ〜。